【マンション売却の流れ】まずは査定、不動産会社選びから始めよう

manshon-baikyaku

自宅マンションの売却。

初めて不動産の売却をすることになりました。

さて何から始めればいいのか?初めてのことなので何も分かりません。

知識ゼロからのスタートです。

そんな我が家の、結果的にマンションを高く、3週間弱という短期間で売却契約を結ぶことができた、実際の話です。

マンション売却記の最初の記事となりますが、

【マンション売却】最初のスタートは不動産媒介(仲介)業者を探すこと

【マンション売却】不動産媒介業者選びのポイント

という内容で書いていきます。

(この記事はマンション売却を高く、短期間(3週間)で出来た実際の話の最初の記事です。)

 

【マンション売却】最初のスタートは不動産媒介(仲介)業者を探すこと

manshon-baikyaku-01

マンションの売却は、とても一般人が個人売買できるようなものではありませんので、まずは不動産媒介(仲介)業者を探さなければなりません。

ところで、媒介(ばいかい)と仲介(ちゅうかい)、どちらも出てくるのですが、どんな違いがあるのでしょう?

調べてみましたが、意味合いとしては同義語になるようです。

ある両者、例えば売主と買主の間に入って、ことの運びの仲立てをすること。

不動産の売買に関わらず、日常、一般的に「仲介」という言葉は出て来ますのでまだ馴染みがありますね。

「媒介」は、不動産売買だけの専門用語ではありませんが、使われるのはほとんど不動産の売買の際のような気がしますね。

なお、今回のようにマンションを「売却」する場合は「媒介」を使うそうですので、以降、「媒介」で書きます。

 

不動産媒介業者の探し方

不動産媒介業者をどうやって探そう?

いきなり迷いました。

マンションという大きな売り物ですので、失敗はしたくない。

信頼出来る、任せて良かったと安心できる不動産媒介業者を選びたい。

ではどんな方法があるでしょうか?

 

知り合いの不動産業者に頼む

もし、仕事上で取引があるとか、友人、知人、先輩、後輩などで不動産会社に勤めている知り合いがいるならば、その人に頼むという方法もあると思います。

気軽に相談出来るというメリットがありますね。

しかし、その人は信頼出来る(頼りがいのある)人なのか?

売却しようとする自宅のすみずみや、金銭的なことなどかなりのプライベートを晒すことになるけど大丈夫か?

もし、契約の途中で何らかのトラブルが発生した場合、その人との今後の関係は大丈夫か?

など、心配な面もあります。

心配なことがクリア出来るなら、心強い味方になるでしょう。

 

ポストに投函されるチラシなどから探す

マンションに住んでいると、毎日のようにロビーの集合ポストに

「マンション売却ならお任せ下さい!」

「○○(マンション名)を○○円でのご購入を検討されている方がいます!」

など、大手から地域密着店まで不動産会社のチラシが入っています。

地域や時期にもよるのかもしれませんが、ウチの場合は多かったです。

売却依頼のチラシが多いということは、実際に売れるマンションなのかな?とも思いますので、チラシの業者に問い合わせてみる方法もあると思います。

 

不動産売却一括査定サイトから探す

結果を先に書きますと、我が家の不動産媒介業者探しの方法はこれでした。

車買取や引っ越しや保険など、今やいろいろな分野でネットでの一括査定、あるいは見積りが盛んです。

マンションの売却を決めて、ネットで少しリサーチを始めただけでも、一括査定サイトや利用方法などの情報がすぐに出て来ます。

「ウチもやってみよう。フラットの状態、ゼロの状態から一括査定サイトを使ってみよう。」

と思いまして、査定依頼の申し込みをしました。

たくさんある業者の中で一番良い業者にめぐり会いたい!のが目的ですので、二つのサイトに申し込みました。

さて、不動産売却一括査定サイトに申し込むとどうなるのか・・・?

 

【マンション売却】不動産媒介業者選びのポイント

我が家のケースですが、不動産売却一括査定サイトにネット申し込みをしたところ、

2社、その日のうちに電話連絡が来ました。

2社、その日のうちにメールが来ました。

1社、申し込み翌日に電話連絡が来ました。

 

僕は以前、車の買取一括査定サイトでマイカーを売却したことがあるのですが、その時は申し込みをしたとたんに結構な数の業者からすぐに電話連絡が入ったのですが、

それと比べるとちょっと拍子抜けするぐらい、静かなものでした(笑)

さてここからは、複数の不動産会社から売却を任せる1社を選んでいかなければなりません。

業者選びのポイントを書きます。

 

「一番高い査定額」をつけた業者ではなく、「任せたい」と思う業者を選ぶ

業者探しの入り口はネットであったとしても、実際に不動産を売却する媒介契約を結ぶのは選んだ会社の「担当者」という人間です。(あたり前ですが)

一括査定サイトで申し込んだ後、次に提示される査定額が一番高い不動産会社を選べば良いのか?

不動産売却の場合、それは違います。

複数の会社が提示してきた査定金額がいろいろあるとしても、

なぜ、その査定額になったのか?という根拠の説明を聞くことが大事です。

 

車の買取なら、一番高い値段をつけてくれた業者に決めますが、

不動産の媒介契約は買取金額を提示してくれるのではなく、

「当社はこの金額で買ってくれる方を探しますよ。」という金額になりますので、

ただ単に一番高い査定額であればいいというものではありません。

 

なぜ、その査定額なのか?

その査定額で売れると言う根拠はなにか?

 

について、じっくりと、直接話を聞くことが大事です。

その説明の内容、さらには当然ながら人柄や誠実性を見て、この人なら任せられるかどうかを判断しましょう。

任せられるかどうかは、やはり1社ではなく複数の業者と話しをした方がより判断がつけやすくなりますので、不動産売却一括査定サイトの利用は効果的です。

 

次回の記事では、業者と面談するまでに、事前にするべきこと(やっておいた方が良いこと)について書きます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

(この記事はマンション売却を高く、短期間(3週間)で出来た実際の話の最初の記事です。)