ブログ記事を書いたら、まず最初にやるべき!一番大事なこと

こんいちは、ミヤタクです。

ネットビシネスを始めて数ヶ月が経ちました。




ここまで読んだだけで、ブラウザを閉じようとしたあなた。

少しだけ待って下さい。

この記事でお伝えしたかったことを、いきなりやってしまいました。

もうお気づきになられたでしょうか?すぐにブラウザを閉じようとした理由は、もしかしてそれかもしれません。

 

誤字・脱字はネットビジネス失敗の致命傷になる可能性がある

この記事の冒頭、「こんにちは」と書くべきところを「こんいちは」と書いてしまいました。

「ビジネス」を「ビシネス」とも。(そんな間違いするかとも思いますが^_^;)

もちろん、え?そんなの気がつかなかったよ、という方もいると思いますが、もしあなたが気がついたとしたら、こう思いませんか?

 

なんだコイツ、テキトーなやつだな。それともフザけてんのか?

と。

 

ビジネスブログは日記ブログではないことを、意識することが大事

これが、単なる日記や趣味のブログで、読者も友だちが中心であれば特に問題はないと思います。

せいぜい、「ああ、また字を間違えてるよ。まぁいつものことだもんね」で済むでしょう。

でも、アドセンスなり商品紹介のアフィリエイトなりの、収益を上げることが目的のビジネスブログだったらどうでしょう。

せっかく記事の中身が充実していて、読者もぐいぐい読み進めてくれて、「この人の書いてあることは信用できそうだな、買いたくなってきたな」と思い始めてくれたのに、誤字や脱字があったとしたら。

しかも、それが購入へと後押しする大事な部分での間違いだったとしたら。

読者は、そこで一気に購入意欲が失せてしまうこともあると思うのです。

誤字脱字は意図しないケアレスミスですが、そのように、書き手が気がついていない所でお客さんを逃していたら、非常にもったいないというか、ビジネスブログであるならば致命傷と言えます。

 

書き終えて満足するのではなく、必ず見直しする。何回もする。

渾身の記事を書けば書くほど、書き終えたときにはどっと疲れますし、それと同時にもうやるだけやった、いい記事が書けた、満足だ!と思ってしまうこと、ありませんか?

「書いたことが読者のためになって、喜んでもらえて、紹介した商品を買ってもらえるといいな。

それだけのチカラは十分に注ぎこんだ、さぁ、あとはアップロードして完了だ!」と。

でも、自分は気がついていない誤字や脱字があって、読者には気づかれて、それが原因で記事を読むのを途中で止められたりでは、一生懸命書いた努力も水の泡です。

 

だから、記事を書いたあとは、必ず、絶対に、見直しをすること。一回通して読んだだけでは見逃してしまうミスもあるので、何回も見直しすること。

 

当たり前と言えば、当たり前の話ですよね。

小学生、中学生、高校生のころを思い出して下さい。

テストで答えを書いたあとは、見直ししてましたよね。(見直しなんかしたことないわ~、という人もいるとは思いますが・・・)

受験ともなれば、1点が合否を分けることだってあります。

受験勉強を頑張った経験がある方はよく分かると思います。(ちなみに、僕はそこまで受験自体は頑張ったとは言えない側です・・・)

今、大人になって、収益を上げるためのブログを書いているのなら、学生の時のテストよりも、もっともっと見直し作業は重要です。

 

残念なビジネスブログ、サイトがあまりにも多い

僕がなぜ、誤字・脱字について書いているかというと、ネットビジネスを始めようと思った頃、まずはネットで情報を探す中で(漁るという方が正解です。必死でした)、もう本当にたくさんの、さまざまなサイトを見ました。

ブログやホームページだけでなく、メルマガや無料レポート、商品や商材のセールスレターも含みます。

はい、初心者にありがちな、ノウハウコレクター状態でした。

もしかしたら、読んでいただいているあなたも思い当たりませんか?

ネットビジネス初心者こそ、興味がわいたブログや、コレ稼げるんじゃないか?買っちゃおうかな?と思う商品や商材の紹介記事は、それこそ穴が開くほど真剣に読むものです。

信じていいのかな?騙されてないかな?と、必死です。

「さーて、金持ちの道楽でネットビジネスでも始めようっと♪」

じゃないんですから。

 

ところが、あれ?これでいいの?あまりにも誤字脱字がひどくない??

というブログやサイト、だけでなくメルマガ、無料レポート、そして、あともう一歩で買ってしまおうというところまで来てるセールスレターまで、結構多いんですよね・・・

僕自身が実際、購入する寸前だったのに、最後の最後に重要な部分での誤字や脱字を見て、

ああ、ここの間違い、ほったらかしのままなんだな・・・

大事なところだと思うけど、気づいてないんだな、なんか信用できなくなってしまったな・・・

と、買うのをやめてしまったこともあります。

 

書いたブログの記事を見直しする方法

誤字・脱字はわざとではなく、人間だれでもやってしまうケアレスミスです。

そういえばここまで来て初めて白状しますが、僕自身も実は多いのです・・・

でもそれがビジネスブログである以上、出来るだけ、理想は100%、意図しないミスは避けたいものです。

では、見直しするにはどんな方法があるでしょうか。

 

自分自身で見直しする

まずはこれですよね。アップロードする前にブログの管理画面で見直しするのもいいですが、管理画面だと実際の見栄えとは違いますので、ブログのプレビュー機能を使ってするのが良いと思います。

早くアップしたいという、はやる気持ちを押さえて、じっくりと。

でも、書いた直後は疲れと、大丈夫だという思いこみで見逃してしまう可能性も高いです。

だから何回も見直しすることが大事です。

(それでもアップロードした後に気がつく、または指摘される場合も多々あります。)

 

他人に読んでもらう

これはできる方も、できない方もいると思いますが(内緒でブログ書いている場合だってありますよね)、他人に見直ししてもらうと、自分では気がつかないミスを見つけてもらいやすいです。

 

二重、三重のチェックが出来れば理想的ですね。

身近な人に頼めないという場合には、

有料の文章校正サービスを利用するという方法もあります。

例えば、このようなところです → ココナラ

 

ネット上の無料サービスを使う

インターネット上にも、無料で文章校正ができるサイトがあります。登録やツールをダウンロードする必要もないので便利です。

実際にやってみましょう。

 

まずは、Ennoというサイト

右の赤で囲ったところに文章をコピーして、下の青いボタンをクリック

kousei001

 

 

あれ?「こんいちは」はスルーされてしまいました。代わりに「でお」は送り仮名の誤りでは?というご指摘が・・・

kousei002

 

 

次に、日本語文章校正をサポート。というサイト

上と同様に、赤で囲った部分に文章をコピーして、「日本語チェック」をクリック

kousei003

 

 

あれれ?またもや「こんいちは」はスルー。こちらではこんなご指摘が・・・

kousei004

 

検証失敗でしょうか(汗)それとも、僕が知らないだけで「こんいちは」はれっきとした日本語なのでしょうか。

それは冗談で、この記事の文章をすべてチェックしましたが、誤字脱字以外に、文法や単語、漢字の使い方など、ブログの文章としてふさわしいか、ふさわしくないか、の判断材料として使えます。

難しい言葉や漢字を使うのではなく、大事なのは、読みやすいかどうかですからね。

無料だし、ツールですので万全とはいかないと思いますが、ご自身での見直しと併用して、あなたのブログの読者層(ターゲット)に対して、読みやすい記事を書く参考にして下さい。

 

Wordで文章校正する

マイクロソフト社のワープロソフト、Wordでの文章校正です。

ワードは・・・賢い!です。(ちょっと頭が固すぎですが)

やってみましょう。

 

文章をコピーしたら、「校閲」→「スペルチェックと文章校正」をクリック。その前にすでに、ここ怪しいぞという赤線が引かれていますね。(でも「こんにちは」とは思っていない?)

word001

 

 

おお!「こんいちは」を指摘してくれました。「入力ミス?」はいはい、そうです、入力ミスです。

word002

なお、実際にWordを使う際には、「次の文」のボタンを押すと、その先の文章の校正ができます。

 

Wordは校正のほか、原稿のバックアップにも使える

あなたはブログを書くとき、どのような手順で書きますか?

ブログの管理画面で書き出す、ワープロソフトやテキストエディターで書き出すなど、人さまざまだと思いますが、僕は

管理画面で書き出し → プレビュー画面で自分で何度も見直し → 上記のような無料サイトでチェックし → 最後にWordにコピーして校正、そして保存

というやり方です。

原稿をバックアップデータとしてワードで残しておきます。

 

プレビュー画面をブラウザの別のタブで常に開いておけば、万一トラブルで管理画面の原稿を消してしまったとしても、プレビュー画面からコピーできます。

 

まとめ

長くなってしまいましたが、まとめます。

ブログの記事を書いたら、まずやるべきこと

  • 誤字・脱字がないかのチェック。
  • ビジネスブログは日記ブログとは違う。真剣に。
  • 基本的には自分でのチェックになるが、他人に見てもらったり、無料・有料のサービスも併用する。
  • ワープロソフトWordの校正レベルは高くて、バックアップにも使える。
  • 誤字・脱字だけでなく、ブログのターゲットに適した文章になっているかも検証する。

 

以上となります。

読者に対して内容のある、質の良い記事を書けるように、頑張りましょう!
(もちろん、僕自身にも言ってます。)

なお、これだけ書きながら、誤字・脱字があった場合は(ないという自信はないです)、こっそりお知らせ下さい。こっそり修正させていただきます(笑)

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。